Sign of the Times – Harry Edward Styles

Sign of the Times
カテゴリ: ポップ

事務所をDIYする際に必要な道具

沖永良部島から鹿児島市内の実家へ引っ越し。
懸念事項が多々。

実家で飼っている猫と自分たちが島で飼っている猫のこと。

数年前に一度帰省した際に性格が合わないのか、お互い威嚇しあう。
それから帰省時には、自分たちが飼っている猫は妻の実家へ預けていた。

とりあえず、経済的に落ち着くまでは実家に住む事に決めたため、お互いが干渉せずに住める空間を作る必要があった。
しかしメインは、妻と自分の仕事場の確保。

本宅2階と離れの2階をうまいこと繋いで一つの空間にする。

道具があればなんとかなるだろうと、大工道具をひととおり揃えてみた。

DIY沖永良部島に住んでいた時、親友がリフォームをしてくれた家に住んでいた。
その時に自分も少し手伝い、彼の仕事を見ていたので、なんとなくイメージはつかめていた。

そして何より、自分の亡くなった祖父は大工だった。
付近の家々や木造の校舎やお寺。

そして血は繋がっていないが、先日亡くなった伯父も大工だった。
だからきっと自分も大工仕事はできるだろうという算段。


ブラックアンドデッカーのマルチツール

これがあれば大抵の事はできる。
作業が凄く捗る一番の働き者。

振興製作所(SHINKO)チップソー裁断機

2×4とかの木材を切断する時に固定して使う丸ノコ。
手持ちの丸ノコは危ないで!というアドバイスからこれを購入。

引廻し鋸

壁材とかを切るときに使う手引き鋸

日曜大工・住まいのメンテナンス用24点組

24点もあるから使わないものもあるかと思いきや、結構全部使っている。ほぼ腰バックに収まっている。

ツールベルト工具差し

何より、作業をしているという気分に浸れる。
仕事を始めるときに”カチャッ”とバックルをつける時は爽快さと気合がはいる大切なもの。

角形スタンドバック

作業と仕事は何より整理整頓。
いつも綺麗に安全第一。

この他、近所のホームセンターなどでも大量に道具と資材を購入。

数日間、朝から夕方まで丸ノコの音がしていると、近所の方々が、「流石、大工の孫やね。」
と、世間話をしていたようで。。。

どうにかこうにかDIYも終わり、見れるようなった仕事部屋。

女王様もどうにかおくつろぎ。

女王様

あとは、デスク周り。


オフィスチェア

座りやすくて腰が楽。

モニターアーム

もうこれがあるだけで、机周りはすっきり!

お金はかかりましたが、自分で作る楽しみは満喫。

妻の仕事”chairo”にJoinしました。

とりあえず、生活していくため、妻のデザインの仕事をサポートするために、名刺も新しく作ってもらい、
38歳にして、新人アシスタントのスタートを切ることができました。

仕事ください。。

映像・CM・DTPデザイン・メディアプランニング・WordPressでのサイト構築・コンサルティング等々
頑張ります。。

役職はまだいただいておりません。。

仕事、ください。。

鹿児島市内の皆様、はじめまして。
緑色濃き山あいで新たにデザイン業をスタートします。
chairoです。

今後とも宜しくお願いいたします。


最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

タグ

biwanoCo Written by:

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA